レボリューションでフィラリア予防にレボリューション

ペットの画像 愛犬や愛猫にとって脅威となることは沢山ありますが、その中でも最も危険にさらされるリスクが高いのがフィラリア症です。

フィラリア症とは、フィラリアと呼ばれる寄生虫に寄生させることによってさまざまな症状が発症する疾患です。

更に、フィラリア症に感染してしまうと最悪の場合、治療する手立てがなく予後を見守ることしかできなくなったりします。

愛するペットが苦しむ姿を見せているのに、何もしてあげられないというのは飼い主にとってこれ以上心苦しいことはないでしょう。

しかし、フィラリア症は適切に予防することで100%回避することが可能です。

犬や猫を拾ってその段階で既にフィラリア症を発症しているというケースもありますが、フィラリアに感染していない状態で飼い始めてフィラリア症を発症してしまうのは飼い主としての責任を放棄しているのと一緒といっても過言ではありません

 

そうした事態に陥ることが無いように、適切にフィラリア症の予防を行いましょう。

このフィラリア症を予防するための薬は現在非常に豊富に登場しています。

そんなフィラリア症を予防する予防薬の中でもレボリューションと呼ばれる薬に焦点を当てて紹介していきます。

 

フィラリア予防薬レボリューションの効果とは?

ペットの画像フィラリア予防薬として高い人気を誇っているのがレボリューションです。

このレボリューションは従来のフィラリア予防薬とは違い、ノミやダニに対して駆除や寄生予防効果を持っています

そのため、フィラリアとノミとダニ全てに対して1つで対策ができるオールインワンタイプのフィラリア予防薬になります。

犬や猫は、フィラリアと同様にノミやダニに寄生されるリスクは低くないため、こうしたオールインワンタイプの予防薬は非常に役立ってくれます

 

犬猫に寄生する寄生虫フィラリアとは?

ペットの画像フィラリアだけでなくノミやダニに対して効果があるレボリューション。

フィラリアはペットを飼ったことがない人からするとイマイチどういったリスクがあるのか分からないものだったりします。

そのため、先ずはフィラリアの脅威を把握してもらうため、フィラリアについて紹介します。

そうしてフィラリアの脅威を把握することでフィラリア予防の必要性を把握することができるかと思います。

フィラリアってどんな寄生虫?

フィラリアとは犬糸状虫と呼ばれる寄生虫です。

糸状と名称にもあるように長い糸状の寄生虫で、犬や猫に寄生する際のサイズは体長1mm程度と非常に小さいのに対し、犬や猫の体内で成長することで最終的に30cm程度と300倍もの大きさに成長します。

フィラリアに寄生されるとどうなるの?

フィラリアに寄生された直後は、前述の通りフィラリア自体が非常に小さいため大きな問題にはなりません。

しかし、寄生後は成長していきながら終の棲家となる心臓へと血管を伝って移動します。

そして、最終的には複数のフィラリアが心臓に到達する頃には30m程度の非常に長い糸状の寄生虫になっています。

それが複数心臓の動脈に寄生するため、必然的に血管は詰まった状態になり血流が悪化し様々な症状を引き起こします。これがフィラリア症です。

フィラリア症の治療法は?

ペットの画像フィラリアに感染してフィラリア症を発症した場合、治療は非常に困難になります。

駆虫薬などを使って、寄生したフィラリアを死滅させることは容易です。

しかし、長く太く成長したフィラリアが死ぬことによって血管を詰まらせてしまう可能性が出てきます。

血管が詰まれば、死んでしまうリスクもあるため駆虫薬での駆除が難しくなります。

薬を使う方法以外で治療を行う場合は、外科手術によって直接フィラリアを取り除くという方法もあります。

外科手術は、フィラリアの寄生先である心臓に対して行うのでそれだけでリスクは高くなります。当然、外科手術を行う場合はペットの体への負担が非常に大きくなるのでペットの健康状態によっては、手術に耐えることができないと判断されることも。

その結果、フィラリアに寄生されているのに何も治療してあげる方法がなく見守ることしかできなくなるのです。

 

ことになります。

そうした、辛く大変な思いをしないためにも、犬や猫を飼う場合には必ずフィラリアの予防が必要なのです。

予防さえすればそうした思いをする可能性を完全に0にすることが可能です。

 

レボリューションのフィラリア予防効果

通販ユーザーの画像フィラリアは寄生されると非常に危険であるというは前項で見てもらえたと思います。

では、そんなフィラリアの予防薬であるレボリューションはどのようにフィラリアを予防するのでしょうか?

 

レボリューションには、セラメクチンと呼ばれる有効成分が配合されています。

このセラメクチンと呼ばれる成分がフィラリアだけでなくノミなどに対しても非常に高い駆除効果を発揮します。

セラメクチンはフィラリアの神経細胞にある受容体に結合することによって、フィラリアの筋肉が弛緩します。

その結果、フィラリアは活動することができない麻痺状態となって、体外へと排出されます。

ノミなどに対しても、同様の効果を持っており吸血を介してセラメクチンがノミの体内に入ることで筋弛緩作用を発揮し死滅させます。

 

レボリューションはスポットオンタイプだから簡単!

ペットの画像フィラリア予防薬のレボリューションは高い効果を持つという特徴だけでなく、投与が簡単という特徴も持っています。

フィラリア予防薬は、錠剤、チュアブル、スポットオンという3タイプが主流になっておりそれぞれに特徴があります。

錠剤は私たちが服用するような錠剤のお薬と基本的には変わりません。

チュアブルタイプは、おやつタイプと呼ばれることもあり犬や猫が好んで服用できる様に謬肉や豚肉、魚介のフレーバーが付けられていたりします。

錠剤タイプが苦手なペットでもチュアブルなら気にせず食べてくれるケースは少なくありません

そして、スポットオンタイプはスポイトのような容器に薬剤が入っており、その薬剤を垂らすだけで済む外用薬になります。

垂らすだけで投与が完了するので、だれでも簡単に投与ができるといったメリットがあります。

 

投与難易度の面で考えると、

スポットオン>チュアブル>錠剤

という順序になり、左に行くほど投与は容易で右に行くほど難しくなります。

スポットオンに比べてチュアブルや錠剤は投与が難しいという側面がありますが、チュアブルや錠剤にもメリットはあります。

それが、投与後のケアです。錠剤やチュアブルの場合は後から吐き出したりしないように気をつける必要があります。

スポットオンの場合は、薬液が全身に浸透するまでシャンプーなどができません。

また、ペットが薬液を舐めとってしまう可能性もあるので舐めたりしないようにエリザベスカラーなどで舐めないようにする必要があります。

 

価格面では

錠剤<チュアブル<スポットオン

というような順序になるケースが少なくありません。

しかし、価格に関しては利用する購入方法や薬剤の種類によって順序が変わることもあるため、いろいろなサイトでさまざまな種類の医薬品を比較検討することが大切です。

価格面と投与面についてはよく知っておくべき

通販ユーザーの画像フィラリア予防薬を利用する場合に知っておきたいのは、価格面と投与の手間です。

理由は非常に単純で、フィラリア予防は一度行えばそれで完了するものではなく、フィラリアに寄生される可能性がある期間はずっと予防し続ける必要があります。

レボリューションの場合は、1度の投与で1ヵ月もの間、予防効果を発揮してくれるので1ヵ月に1回のペースで投与することになります。

月に1度だからといっても、それが何カ月も続くとなると投与も面倒になったり、費用面も大きくなるので継続する必要があるというのを念頭に考えて負担にならないような種類の薬を選択することが大切です。

 

どのぐらい投与を続ける必要があるの?

通販ユーザーの画像フィラリア予防薬であるレボリューションを通販で購入して投与する。

そうすることによって、フィラリアを完全に予防することはできますが、このレボリューションはいつから何時まで投与し続ける必要があるのでしょうか?

前述の通り、1ヵ月は効果が持続してくれるのでそこまで高い頻度で投与が必要になるわけではありません

しかし、投与を怠ればフィラリアに感染してしまうわけですから、適切な投与のタイミングや継続期間を把握しておくことが重要なのです。

基本的に、フィラリア予防薬の投与期間は、蚊が活動を始める2か月ほど前から蚊の活動が終わるまでの間、ずっと1ヵ月に1度のペースで投与する必要があります。

1ヵ月に1度というペースは、フィラリア予防薬の効果が1ヵ月であるためです。

最近では、温暖化などの影響によって蚊の活動期間が長くなっているというようなこともあるので、2ヵ月以上前から投与を行うというケースもあります。

何故、蚊が活動するタイミングで投与するの?

フィラリア予防薬を投与するタイミングは蚊の活動と密接に関係しています。

その理由は非常に単純で、蚊がフィラリアの感染媒介となるためです。

そのため、蚊に刺されるとそれだけでフィラリアに感染するリスクが犬や猫にはあるわけです。

蚊に絶対に刺されないようにするというのは、現実的に考えて不可能であるためフィラリア予防薬を活用して、刺されてもフィラリアが成長する前に完全に駆除できる状態にしておくわけです。

もちろん、全ての蚊がフィラリアの感染媒介になるわけではありません。

しかし、外見でそれを判断することは不可能ですし、蚊に刺されないという慢心によって、蚊に刺されていることに気づかず感染してしまっていたなんていうケースもあります。

また、適切に予防しておけばフィラリア症は100%防げるのにフィラリア症を発症してしまうというのは、飼い主としての責任を放棄しているのと一緒なのです。

 

価格は通販がお得

フィラリア予防の重要性がわかっても、やはり1ヵ月に1度のペースで予防薬を投与するとなるとその費用が気になるでしょう。

1ヵ月にかかる費用が数万円となれば、それを数か月続けるのは非常に大きな負担になってしまいます。

費用は動物病院で投与してもらう場合、通販で購入する場合で変わります。

動物病院でフィラリア予防薬を投与してもらう場合であれば、1回あたり1,000~2,000円程度必要なります。

これは、愛犬や愛猫の体重や薬の種類(フィラリアだけ予防、フィラリアとノミダニを予防)というような分類によって変動します。

 

これを8回以上継続して投与してもらうのが基本となるので、8,000~16,000円が病院で投与してもらう場合の費用になります。

上記の費用は、薬の費用だけであり、上記にプラスアルファして診察費用や検査費用が必要になるため、実際に必要になるのは上記価格よりも更に高くなります

 

通販ユーザーの画像通販で購入して投与する場合は、400~1,100円程度が必要になります。

通販で購入する場合も病院で投与してもらう場合と同様に、薬の種類やペットの体重によって変動します。

しかし、価格自体は病院でかかる費用と比べると約半額と非常にお得であるのがわかります。

通販の場合は、診察費用や検査費用も必要ありませんが送料が必要になるケースがあります。

しかし、病院での診察費用や検査費用と比べても送料は安い事が多く、まとめ買いなどを駆使することによって送料事態を無料にすることができたりもするので、上記の費用にプラスアルファで必要になる費用はそこまで多くありません。

 

通販を活用して、お得で快適にフィラリア予防

レボリューションの画像フィラリア予防は、ペットをフィラリアの脅威から守るために必要不可欠な予防薬です。

予防で確実に防ぐことができるフィラリア症だからこそ、ペットを飼う場合、フィラリアの予防は飼い主の責任であると言っても過言ではありません

費用的な負担が大変という場合でも、通販を活用することによって病院で投与してもらうより大幅に軽減することが可能なので通販も上手に活用しましょう。

 

何も気をつけずに、フィラリアに感染させてしまい辛い思いをするのではなく、適切に予防して健康で健やかな毎日を送れるように、適切にフィラリア予防薬であるレボリューションで対策していきましょう。

レボリューションの通販でイージーフィラリア予防|レボリューション情報局
タイトルとURLをコピーしました